ゲームBGMをすこれ

【Rinker】Amazonアソシエイトの広告を大きく表示させる方法

WRITER
 
Amazon広告大きくする方法

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

ブログを収益化する手段の1つとしてAmazonアソシエイトに登録して広告を掲載するという方法があります。

しかし、Amazonアソシエイトで広告を作成すると広告が小さくなってしまいます。↓こんな感じ

Amazonアソシエイト広告小さい

しかし、ネットでよく見る広告は下の画像のような感じで大きくて、しかもアマゾンだけでなく楽天やYahooショッピングへのリンクもある広告を使っているサイトが多いと思います。

Amazonと楽天とYahooをまとめた広告

Amazonアソシエイトの広告をそのまま貼り付けるよりも、上の画像のような広告を使った方が、Amazonよりも楽天を使いたい人にも便利だし、何より大きくて見やすいのでクリック率がグンと上がります!(実体験)

今回は上の画像のような大きくて見やすいAmazonの広告の作成方法を解説します。

こんな人におすすめ!
  • Amazonアソシエイトの広告の貼り方が分からない人
  • Amazonアソシエイトに合格したばかりの人
  • Amazonアソシエイトの広告が小さいと感じた人
  • 他の人がよくやってる広告のやり方が分からない人

大きくて見やすいAmazonの広告の作成方法

先ほど紹介したようなよく見る広告は「Rinker」というツールを使って作成しています。主にWordPressでブログを書いている方向けの広告作成ツールですね。

Rinkerにはこんなメリットがあります!

Rinkerのメリット

広告が大きくて見やすくなる

普段のネットの買い物に楽天やYahooショッピングを利用する人の離脱を防ぐ

自分のサイトの記事投稿ページから広告を作成できる(広告作成が楽)

リンク切れを教えてくれる

同じようなツールに「カエレバ」というものもあります。カエレバはボタンの種類が豊富で、価格.comや7netなどのボタンも付いていますが、基本クリックされるのはAmazonか楽天かYahooショッピングなので他のボタンの必要性はほとんど感じませんし、何より広告を作成するには一度カエレバのサイトにアクセスする必要があります。なのでRinkerの方を私はお勧めします。カエレバははてなブログなどワードプレス以外でブログを書いている人向けのツールですね。

カエレバでの広告作成方法はこちらの記事にわかりやすく書いてあったのでそちらをご参照ください。

【図解】カエレバの基本的な設定・使い方と注意点

 

 

広告作成ツール「Rinker」の導入方法

Rinkerは無料で使うことができるWordPressのプラグインですが、新規プラグインのページから検索しても出てきません。Rinkerの公式ページからダウンロードする必要があります。

上の公式サイトの下の方に「Rinkerのダウンロードはこちら」とあるのでそこからダウンロードすることができます。

続いて、ダウンロードしたファイルをWordPressにアップロードします。

「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインのアップロード」と進んで、先ほどダウンロードしたRinkerのファイルをアップロードしましょう。「今すぐインストール」をクリックするとインストールが開始されます。

 

 

Rinkerの設定方法

続いてRinkerの設定をしていきます。この作業によってAmazonなどから紹介料が貰えるようになります。

WordPressのダッシュボードの「設定」の一覧にある「Rinker設定」をクリックしましょう。

上から順に設定して行きましょう。

 

基本設定

ここの欄は「再取得をする」で大丈夫です。再取得をしないに設定してしまうとリンク切れの原因になってしまいます。

 

Amazonの設定

Rinkerの設定方法

 

設定するのは上の画像で赤いアンダーラインの引いてある「アクセスキーID」、「シークレットキー」、「トラッキングID」、「Amazonボタン」の部分です。

Amazonアソシエイトにログインして「ツール」→「Product Advertising API」をクリック。

利用を始める」をクリックすると「アクセスキーID」と「シークレットキー」が表示されるので設定に戻ってそれぞれの欄に入力しましょう。忘れないようにしっかりメモを残しておきましょう!

トラッキングIDはAmazonアソシエイトのホームの右上にある自分のアカウントにカーソルを合わせると出てくる「トラッキングIDの管理」から調べることができます。こちらも同様に所定の欄に入力しましょう。

最後に「Amazonボタン」ですが、これは「リンク先を商品の詳細画面にする」に設定しましょう。そうしないとPA-APIが利用できなくなる場合があります。(商品検索ができなくなる場合がある)

これでAmazonの設定は終了です。

 

楽天の設定

リンカーの設定楽天

続いて楽天の設定を行います。設定するのは上の画像の「アフィリエイトID」と「楽天市場ボタン」です。

アフィリエイトIDは上の画像の上部にある「楽天のアフィリエイトID」というリンク先でログインすると取得できます。

「楽天市場ボタン」はAmazonのようなペナルティが楽天には無いので「リンク先を検索画面にする」に設定するのがお勧めです。

これで楽天の設定は終了です。

 

Yahoo!ショッピングの設定

Yahoo!ショッピングの設定は「LinkSwitch」の部分だけ入力します。

バリューコマースというアフィリエイトのASP経由で行います。もしもアフィリエイトでもできますが、バリューコマースで登録した方が料率が高くなります。

まだバリューコマースに登録されてない方はこちらから無料で登録できます。一応審査はありますが、Amazonアソシエイトに合格するようなサイトであれば問題なく審査に受かると思います。登録からLinkSwitchのコード取得まで10分ほどで終了します。

 

登録できたらトップページから「ツール」→「LinkSwitch設定」と進みましょう。

 

ページを移動したら「LinkSwitchを利用開始する」をクリック。(下画像参照)

するとコードが表示されるのでコピーしてリンカー設定の所定の位置に貼り付けましょう。

これでYahoo!ショッピングの設定は終了です。

 

もしもアフィリエイト設定

もしもアフィリエイトでもAmazonや楽天、Yahooショッピングの商品を紹介できます。

 

登録したらAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングと提携しましょう。楽天とYahoo!ショッピングは審査はないですが、Amazonはもう一度審査を受けることになるので注意!

広告提携が完了したら何の商品でも良いので広告を作成しましょう。ソースコードの「a_id=」の後ろの7桁の数字があなたのIDです。下の画像では1772674がIDですね。Yahoo!の広告なので「Yahoo!ショッピングID」の欄に入力します。Amazon、楽天も同様にしてIDを入力します。

最後に「もしもリンク優先ショップ」を設定します。ここではAmazonや楽天で商品が売れたときにAmazonアソシエイトで受け取るかもしもアフィリエイトで受け取るかを設定することができます。

 

もしもリンク優先ショップの設定

Amazonはもしも経由だと料率は変わりませんが制限がかかる場合があるのでチェックを外しましょう。

楽天は楽天アフィリエイトの場合ポイントでしか受け取れないのでチェックをつけましょう。

Yahooはバリューコマースの方が料率が高いのでチェックを外しましょう。(もしもだと0.77%、バリューコマースだと1%)

Kindleは現時点ではもしもアフィリエイトのIDを入力する欄がないのでチェックを外しましょう。

↓こんな感じで設定完了です。

 

 

Google Analytics トラッキングの設定

チェックを入れましょう。アナリティクスと連携してクリック数などを確認することができます。

最後に「変更を保存」をクリックしましょう。これでRinkerの設定は全て終了です。

 

大きい広告の作成方法

Rinkerでは、投稿編集ページから広告を作成できます。

「ブロックを追加」の「レイアウト要素」のタブの中に「Rinker」があるのでそれをクリック。

 

すると下のようなブロックが表示されるので「商品リンク追加」をクリック

 

続いて広告を作成したい商品を検索すると商品一覧が表示されます。下の画像ではAmazonですが、画像上部のタブを切り替えることで楽天から商品を探したり、過去に作成したものから探すこともできます。

 

「商品リンクを追加」をクリックすると下のような広告を作成できます。Amazonアソシエイトで作成できる広告も並べてみました。どちらが見やすいかは一目瞭然ですね!

created by Rinker
モンスター
¥4,184 (2020/09/18 22:37:50時点 Amazon調べ-詳細)

私はAmazonアソシエイトの広告からRinkerの広告に切り替えただけで商品が売れるようになりました!

私の体感ですが、売り上げにかなり差が出るので早めの導入をお勧めします!

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© WATA-BLOG(わたブログ) , 2020 All Rights Reserved.