ゲームBGMをすこれ

大人気漫画「彼岸島48日後…」23巻で盛大な表紙詐欺をしてしまう・・・

WRITER
 
彼岸島48日後…23巻の表紙

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

世間での知名度はそれほど無いけれど、ネットではネタの方向でかなりの知名度を持つ彼岸島。 現在シリーズ第3部の「彼岸島 48日後…」がヤングマガジンで連載されています。

ネットでは「丸太で戦う漫画」とか「ギャグ漫画」などと結構馬鹿にされていますが、単行本の表紙に関しては「表紙だけはガチ」「さぞ怖い漫画なんやろなぁ…」などとかなり絶賛されています。

しかし、先日発売された最新巻の「彼岸島 48日後… 23巻」の表紙が物議を醸しています。

 

彼岸島23巻が物議を醸した理由

まずは問題の23巻の表紙がこちら

彼岸島48日後…23巻の表紙

一見するといつもの表紙のような彼岸島らしいホラー感たっぷりの表紙。

そう、表紙のデザインはいいんですよ、大きく作中に登場する敵キャラクターをドン! シンプルですが複数の顔を持つアマルガムの秀逸なデザインが最高です。 書店で買うとき後ろに並んでた女の子の視線が痛かったぐらいです!

 

問題はこの表紙を飾るアマルガムが23巻で1度も登場しないことです。

そう、この23巻の表紙を飾るアマルガムは前巻22巻で初登場し、姑獲鳥と戦い僅か数コマで倒される噛ませキャラとして登場しました。なぜそんなキャラが選ばれてしまったのか…

23巻を買った人をTwitterで探してみると結構同じことを考えている人がいました。

彼岸島23巻の表紙に対する反応

個人的には傷を負った姑獲鳥で良かった気がしますけどね…こんな感じ↓

彼岸島23巻こんな感じが良かった

絵が下手なのはご愛敬。

 

 

今までにも同じ様な表紙があったのでは?

今回の23巻の様にその巻に一度も登場しないキャラが表紙を飾っている巻があるのでは無いかと思い、他の巻を調べてみました!なんせ冊数が多いので調べるのは大変でした!

無印調査結果
  • 1巻:雅→登場
  • 2巻:冷→登場
  • 3巻:篤→登場
  • 4巻:ノーマル邪鬼→登場
  • 5巻:明→登場
  • 6巻:師匠→登場
  • 7巻:亡者→登場
  • 8巻:ポンを吸血鬼にした女の吸血鬼→登場(モブだが登場しているのでセーフ、赤子は登場してないけど荷物かもしれないのでセーフ)
  • 9巻:太郎→登場
  • 10巻:太郎の鬼使い→登場
  • 11巻:雅→登場(10巻で雅の首は治っているが雅は登場しているのでセーフ)
  • 12巻:明→登場
  • 13巻:炭鉱の骸骨→登場
  • 14巻:目がいっぱいある邪鬼→登場
  • 15巻:五十嵐→登場
  • 16巻:姫→登場
  • 17巻:篤→登場
  • 18巻:篤&明→登場
  • 19巻:龍之介(師匠)→登場
  • 20巻:クモの邪鬼→登場
  • 21巻:雅→出番なし!
  • 22巻:ノーマル邪鬼→登場
  • 23巻:師匠→登場
  • 24巻:明→登場
  • 25巻:斧神→登場
  • 26巻:満腹爺→登場
  • 27巻:ケンちゃん→登場
  • 29巻:ユキ→登場
  • 30巻:隊長→登場
  • 31巻:まり子→登場
  • 32巻:雅→登場
  • 33巻:明→登場
  • 兄貴編:篤→登場

調査の結果無印彼岸島は21巻以外は表紙のキャラがその巻に登場していました。

さらに、21巻の表紙のキャラも雅なので多めにみていいのでは無いかと思います。

 

最後の47日間調査結果
  • 1巻:雅→登場(1コマ)
  • 2巻:斧神→登場
  • 3巻:和美→登場
  • 4巻:大糞赤子→登場
  • 5巻:斧神→登場
  • 6巻:西山の足の裏パンパン吸血鬼→登場
  • 7巻:師匠→登場
  • 8巻:チワワ様→登場
  • 9巻:明→登場
  • 10巻:牛乳女→登場
  • 11巻:牛乳女→登場
  • 12巻:ノーマル邪鬼?→登場
  • 13巻:魚邪鬼→登場
  • 14巻:椿→登場
  • 15巻:隊長→登場
  • 16巻:雅→登場

最後の47日間では全ての巻でちゃんと表紙のキャラが登場していました!(1巻は怪しいけど)

 

48日後…の調査結果
  • 1巻:岩田&葉子→登場
  • 2巻:吉昭→登場
  • 3巻:ユリ→登場
  • 4巻:岩田→登場
  • 5巻:明→登場
  • 6巻:ユキ→登場
  • 7巻:翔→登場
  • 8巻:死神→登場
  • 9巻:死神→登場
  • 10巻:勝次の母ちゃん→登場
  • 11巻:エテ公→登場
  • 12巻:金剛→登場
  • 13巻:金剛→登場
  • 14巻:金剛→登場
  • 15巻:妙子→登場
  • 16巻:妙子→登場
  • 17巻:姑獲鳥→登場
  • 18巻:精次→登場
  • 19巻:眠り女→登場
  • 20巻:クソ喰い爺→登場
  • 21巻:カメレオン→登場
  • 22巻:明→登場
  • 23巻:モブアマルガム→出番なし!

さあ、問題のモブアマルガムですね。

このアマルガムが登場したのは22巻の一番初めに収録された202話に登場します。なおこの202話で登場し、姑獲鳥に瞬殺されてそれ以降出てきません…

 

調査結果まとめ

というわけで彼岸島で表紙のキャラがその巻に登場しない巻は、無印の21巻の雅と今回の48日後23巻のモブアマルガムでした。

というわけで今回の23巻の表紙詐欺の件に関してまとめると、ここまで酷い表紙詐欺は初めてだけど表紙詐欺自体は初めてじゃなかったという感じですかね。デザイン自体はいいので気にすることもなさそうです。

きっと松本先生のお気に入りだったんでしょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© WATA-BLOG(わたブログ) , 2020 All Rights Reserved.