ゲームBGMをすこれ

The Last of Usとバイオハザードリベレーションズ2の類似点まとめ

WRITER
 
lastofus_reverations2_similler

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

 

「めっちゃ面白い!」と聞いていてずっとプレイしたいと思っていた「The Last of Us」に最近ようやく手を出してみました。

菌により荒廃してしまった世界を冒険するという世界観がすごく気に入りましたし、ストーリーやステルスアクションの緊張感を楽しみいながらプレイすることができました。

しかしプレイするときに感じたものすごい既視感

私はラスアスをプレイする前にバイオハザードシリーズにめちゃくちゃハマっていたのですが、バイオハザードシリーズ作品の一つ、「バイオハザード リベレーションズ2」とラスアスがめちゃくちゃ似てるんですよね。(ちなみに発売日はラスアスが先)

 

今回はThe Last of Usとバイオハザードリベレーションズ2の似ている点・共通点をまとめてみました。

ラスアスとリベ2どっちが好き?

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥1,709 (2021/12/04 00:42:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カプコン
¥2,582 (2021/12/04 03:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ラスアスとリベ2の共通点・類似点まとめ

最初に注意点をいくつか

  • この記事はパクリを指摘したりどちらが優れているかの優劣をつけるものではありません。
  • ネタバレを含むのでまだ遊んでいない人はプレイ後にまた来てください。
  • 見落としている点があればコメントなどで教えてください。
  • 以降The Last of Us →ラスアス、バイオハザード リベレーションズ2→リベ2と表記します。

 

それでは見ていきましょう!

 

1.おっさんと少女で冒険

ラスアスではジョエルを操作してエリーと冒険します。 基本的に操作できるのは片方のキャラのみで、一部のパートでエリーも操作することになります。

一方リベ2ではバリー編でバリーとナタリアを操作して冒険します。 リベ2ではボタンで操作キャラを切り替えることができ、バリーとナタリアの両方を操作することができます。

それぞれのキャラの設定も少し似ています。

ジョエル → 娘を失う  バリー → 娘が行方不明

また、エリーもナタリアもそれぞれ特有の能力を保有しています。

 

2.作業台

ラスアスでは、マップで拾ったパーツなどを使って武器を強化したりできる作業台が登場しますが、リベ2でもマップで拾ったカスタムパーツの装着や付け替えを行える作業台が登場します。

 

3.聞き耳とナタリアセンス

ラスアスでは聞き耳アクションを行うことで近くにいるしゃべったり走ったりしている敵の位置を把握することができます。

リベ2でも、バリー編で操作できるナタリアの持つ能力である「ナタリアセンス」を使うことで近くにいる敵の位置を把握することができます。また、敵がこちらに気づいたらオーラが赤く変化します。

リベ2ではナタリアセンスを使わないと位置がわからない透明な敵が登場するので常に使っておきたいぐらいです。

 

4.レンガを投げる

ラスアスでは、マップの至る所に落ちているレンガを投げて敵の注意を引きつけたりぶつけることで怯ませることができます。

リベ2のバリー編でも同様にマップの至る所にレンガのような形をした石が落ちており、ナタリアが投げて敵にぶつけることで攻撃することができます。 こちらの投石はアビリティを強化することで最終的に強力な武器であるマグナムに匹敵する威力になります。😅

 

5.気づかれずに近づいて即死

ラスアスでは敵に気づかれずに背後から近づくことができれば首絞めやナイフで掻っ切ることで即死させることができます。

リベ2でも、バリー編に登場する一部の敵を背後から気づかれずに近づくことで即死させることができます。

どちらも気づかれるとすごい勢いで集団で襲ってくるため慎重に行う必要があります。

 

6.狭い道や穴を通って解錠

こういった協力アクションではありがちなギミックですが、どちらも小さい穴を通って解錠することで先に進めるようになるというギミックが登場します。

 

7.しゃがみアクション

ラスアスでは、マップ上の障害物の後ろに隠れることができるしゃがみアクションが登場します。

リベ2でも同様にしゃがみアクションが登場しますが、今までのバイオハザードシリーズでは登場しなかったアクションなのでストーリーではほとんど使いませんでした😅

 

8.舞台

ラスアスの舞台は、菌により人々の住む社会が滅んでしまった世界を舞台にボロボロになったビルや大学を冒険します。

リベ2はバイオハザードにより荒廃してしまった島が舞台で同様に誰も住まなくなってしまった村やボロボロの工場を冒険します。

 

9.火炎瓶

ラスアスでは、マップに落ちているアイテムを使って火炎瓶を作ることができます。

リベ2では火炎瓶はもちろん、爆発瓶、煙幕瓶など火炎瓶の他にも様々なアイテムが登場します。 バイオハザードシリーズで火炎瓶が登場したのはバイオハザード0以来で、リベ2のアクションはバイオ0からもかなり影響を受けているのでそちらからの輸入かもしれませんね。

 

 

まとめ

ラスアスとリベ2の共通点
  1. おっさんと少女で冒険
  2. 作業台
  3. 聞き耳とナタリアセンス
  4. レンガを投げる
  5. 気づかれずに近づいて即死
  6. 狭い道や穴を使って解錠
  7. しゃがみアクション
  8. 舞台
  9. 火炎瓶

いかがだったでしょうか、他にもこんな共通点があるよ! というものがあればコメントで教えてくれると助かります!

どちらもストーリーもアクションも非常に面白い作品なので是非遊んでみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© WATA-BLOG(わたブログ) , 2021 All Rights Reserved.