ゲームBGMをすこれ

【怖すぎ】バイオハザード7をVRで遊ぶのに必要なものと揃えるのにかかる金額

WRITER
 
バイオ7VR必要なもの

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

バイオ7をVRで遊んでみたい!

 

バイオハザードシリーズで初めて一人称視点になり、VRプレイにも対応したバイオハザード7。

バイオハザード7はバイオハザードシリーズの中でも最も多く売れた作品で怖さやストーリーの完成度が非常に高い作品です。

しかし、バイオハザード7はVRで遊ぶことにより、普通にプレイするより何倍も怖く・面白くなります!

 

この記事では

  • バイオハザード7をVRで遊ぶメリット
  • バイオハザード7をVRで遊ぶデメリット
  • バイオハザード7をVRモードでプレイするのに必要なもの
  • バイオハザード7をVRモードでプレイするのにかかる金額

について詳しく書いていきます。 

 

バイオハザード7をVRでプレイするメリット

バイオハザード7を実際にVRモードでプレイしてみて、以下のようなことがメリットだと感じました。

バイオ7をVRモードでプレイするメリット
  • シリーズの中でも頭ひとつ抜けた恐怖体験ができる
  • 照準が合わせやすくなる

 

私がバイオハザード7を初めてプレイした時は既にバイオハザードシリーズの怖さに耐性ができており、ちょっとやそっとじゃビビらなくなっていましたが、バイオ7は途中で足が止まるほど怖かったです・・・

そして怖いだけでなくむちゃくちゃ楽しかった。 攻撃を受けた時は思わず「痛っ!」と声が出てしまったり、敵から隠れる時は自分も息を潜めたりとまさに自分が実際にゲームのストーリを体験しているようでした。

Youtubeのコメント欄やWeb掲示板、Twitterなどでも「1番怖いバイオハザードの作品は?」という話題ではバイオハザード7 のVRがやばいという意見をよく目にします。

 

また、もう一つのメリットである「照準が合わせやすくなる」ですが、バイオ7のVRモードでは自分の目線の先に照準が合うようになっています。

他のシリーズでは右スティックで照準を合わせるものが多く、弱点になかなか当たらなかったりしますが、打ちたい場所を見るだけでいいので他の作品より弱点や小さい的を狙いやすいです。 初心者やエイムが苦手な人はVRの方がプレイしやすいと思います。(ただし何倍も怖くなります)

 

バイオハザード7をVRモードで遊ぶデメリット

続いてバイオハザード7をVRで遊ぶデメリットについて

バイオ7をVRモードで遊ぶデメリット
  • 怖すぎる
  • めちゃくちゃ酔う
  • PSVR(PlayStationVR)が高い

 

先ほどメリットとして挙げた「シリーズの中でも頭ひとつ抜けた恐怖体験ができる」ですが、怖すぎるが故にホラゲー初心者には不向きだと考えています。 PSVRが高価なものなので怖すぎてプレイできないなんてことになったらもったいないです。

 

そして二つ目の「めちゃくちゃ酔う」が最大のデメリットかなと考えています。

私は意気揚々とバイオ7をVRモードで開始したものの、VR酔いによりたった5分で気持ち悪くなりダウンしてしまいました😢

バイオハザード7は、プレイヤーがなるべく酔いにくいように敵の動きがゆっくりだったりするのですが、それでも慣れるまでは本当にダメでした。 特に狭い場所でのボス戦は地獄。 バケツを用意しといた方がいいかもしれません。

 

こちらの記事で最終的に4時間ぐらいぶっ通しでプレイできるようになったVR酔いの対策についてまとめています。

 

バイオハザード7をVRモードで遊ぶのに必要なもの

バイオハザード7をVRモードで遊ぶには以下のものが必要です。

バイオ7をVRで遊ぶために必要なもの
  • PS4 または PS5
  • PS VR
  • バイオハザード7のソフト
  • テレビ
  • PS Camera (PSVRに付属)
  • 酔い止め

 

以上6つが必要です。 接続に必要なHDMIコードなどはすべて付属品として付いてくるので追加で購入する必要はありません。

バイオ7はPC版やSwitch版もありますがPSVRにしか対応していないのでPS4を持っていない人は購入する必要があります。また、PS5でもプレイできますが、専用のアダプターが必要です。

テレビはHDMIコードの接続ができればどんな小さくてもOKです。 プロジェクターでもいけました。 ちなみにテレビの電源はつけなくても遊べます。

PS Cameraは、プレイヤーの頭の動きを捉えるための装置です。 これがないと横を向いても映像が切り替わりません。 中古でPSVRを購入するときはついてない場合もあるので注意しましょう。 

そして最後に酔い止めですが、必須です。 乗り物酔いあまりしないという人も後悔する前に買っておきましょう。 その辺のドラッグストアで購入できます。

 

バイオハザード7をVRモードでプレイするのにかかる金額

バイオハザード7をVRモードでプレイするために必要な金額は

バイオ7をVRモードで遊ぶのにかかる金額(中古含む)
  • PS4  ・・・ 2万~4万円ほど
  • PSVR ・・・ 2~3万円ほど
  • バイオ7 ・・・ 2000~7000円ほど
  • 酔い止め ・・・ 1000円ほど

合計:5万~6万

正直むちゃくちゃ高い😢

財布にはかなり応えますが、個人的にはむちゃくちゃ面白かったので損した感じはしませんでした。 ぜひVRで最高の恐怖を味わってみてください!

 

バイオハザード8のVR対応は来る?

シリーズ最新作のバイオハザード8は現在VR対応はしていません。 バイオシリーズとVRの相性は最高なので個人的には出てくれたら嬉しいですね。

しかし、来ても7と違って敵の動きが早いのでたぶん酔ってまともにプレイできないと思います😅 あのラスボス戦をVRでなんて考えたくない・・・

Oculusquestでバイオ4のVR版がでるみたいですが、これがPSVRにも対応したら嬉しいですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© WATA-BLOG(わたブログ) , 2021 All Rights Reserved.