ゲームBGMをすこれ

【星のカービィ スターアライズ】バルフレイナイト戦のBGMがカッコ良すぎる件

WRITER
 
バルフレイナイトのbgmがかっこいい

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

星のカービィシリーズの最新作、「星のカービィ スターアライズ」をプレイし終わってえ、「バルフレイナイト戦のbgmやばすぎない?」となったのでバルフレアナイト戦のbgmの素晴らしさについて書いていこうと思います。

スターアライズはカービィシリーズの集大成と言えるほどの完成度で、過去作をプレイしたことがある人たちに対するファンサービスがすごすぎるので最近カービィシリーズで遊んでないという方にもお勧めなので遊んでない人はぜひやってみてね。

バルフレイナイト戦について

バルフレイナイトは、スターアライズの「星の〇〇〇〇 スターフレンズでGO!」というモードのラスボスです。 強化版ギャラクティックナイトみたいなキャラです。 

スターフレンズを操作してカービィで一度クリアしたステージを攻略していくという、スーパーデラックスの「メタナイトでGO!」やトリプルデラックスの「デデデでGO!」のようなモードです。 今作はメタナイトやデデデだけでなく、マルクやマホロアなど含む全てのキャラで遊ぶことができます。

クリアにかなり時間がかかるので全キャラでクリアするのは大変なのでおそらく1キャラか2キャラでしかクリアしてない人が多いんじゃないかと思います。

 

このモードの凄いところは特定のキャラを選ぶとラスボスのバルフレイナイト戦のbgmが変わるってとこなんですよ!

しかもそのBGMが神曲すぎてヤバイ。

これが今回の本題です。

 

「星の〇〇〇〇 スターフレンズでGO!」で以下のキャラを選択するとバルフレいないと戦のBGMがそれぞれ次のBGMに変化します。

 

バンダナワドルディ・デデデ大王・メタナイト
→「ナイトメアーズバトル」

リック&カイン&クー
→「ダーククラウディ」

マルク
→「VS.マルク(スターアライズ ドリーム ver.)」

グーイ
→「ダークマター イン ザ ハイパーゾーン」

アドレーヌ&リボン
→「おとめたちのやみとのたたかい」

ダークメタナイト
→「ダークミラージュ」

ドロッチェ
→「真! ドロッチェ団のテーマ」

マホロア
→「覇王載冠〜OVERLOAD〜」

タランザ
→「月魄のファントム」

スージー
→「幼き日に視たデウス・エクス・マキナ」

三魔官シスターズ
→「三叉一閃の巫の熱情」

 

今作は歴代ボスキャラなどを操作できるので非常に楽しかったですね!

さて、今紹介したBGMの何がヤバイかっていうと、キャラクターが登場したゲームの代表的なbgmのメロデーやアレンジになっているという点です。

 

特にやばいのがアドレーヌ&リボンの「おとめたちのやみとのたたかい」、ダークメタナイトの「ダークミラージュ」、マホロアの「覇王載冠〜OVERLOAD〜」、タランザの「月魄のファントム」の4曲。

この4曲についてオタク特有の早口でもう少し解説させてもらいたい。

 

注意!

このサイトでは実際のゲームbgmのリンクは乗せてません。 YouTubeで曲名で検索したら出てくるんだけど実際あーゆう動画って著作権完全無視してますからね! 公式がサウンドトラックを出しているのでちゃんと公式に利益が還元される方法で聞きましょう!

created by Rinker
エビテン[ebten]
¥12,754 (2020/10/20 22:43:14時点 Amazon調べ-詳細)

おとめたちのやみとのたたかい

この曲、個人的には歴代カービィシリーズのBGMでも5本の指に入るぐらいには好きな曲。 

投稿者がゲームとかに興味持ち出したときには世間はWiiとDSで賑わっていて、アドレーヌとリボンが出てくる「星のカービィ64」は遊んだことないんですが(星のカービィ64はNINTENDO64のソフト)、この曲を聞いた時は鳥肌立ちまくりでしたね。 実際に遊んだことある人にはぜひ聴いてほしいBGMです。

 

曲は序盤、中盤、サビの3部で構成されていて、バトル中はそれがリピートされます。

序盤は「VS.ゼロ・ツー」のアレンジ。そして中盤は「ミラクルマター」のアレンジになっています。 序盤中盤と星のカービィ64のボス戦bgmのアレンジが続き、「まぁ 王道でフツーにかっこいいね」となるじゃないですか。

しかし途中からミラクルマターのbgmが激しくなっていくんですよね。まさにサビに向かって盛り上がっていくかのように・・・

 

そしてそのまま後半のサビに突入します。サビの部分は「リップルスター:ステージセレクト」のアレンジ。 ラスボス戦、裏ボス戦からのまさかのステージセレクトbgmのアレンジ。 そしてまたこの曲がいい曲なんですよね〜

もちろんステージセレクトのそのままの曲ではなく、バトルに合うようにハイテンポな協調になっており、前半中盤とダークな雰囲気の曲のアレンジからの一気に明るい曲に変わり、涙腺が崩壊するという・・・ HAL研めとんでもないことしやがる(褒め言葉)

 

ダークミラージュ

続いてはダークメタナイトで挑んだときの曲、「ダークミラージュ」。

この曲の特徴としては、

サビのかっこよさが異常すぎる

続いてはダークメタナイトで挑んだときの曲、「ダークミラージュ」。

この曲の特徴としては、

サビのかっこよさが異常すぎる

この一言につきます。

 

狂花水月とはまた少しタイプは違うものの、「ほんとにカービィの曲!?」となってしまうようなかっこよさです。

曲はダークメタナイトの登場する「星のカービィ鏡の大迷宮」のラスボス戦第一形態、第二形態のbgmのアレンジになっています。

 

小ネタなんですが鏡の大迷宮のサントラってむちゃくちゃ高いんですよね。ダークミラージュを聴いてそりゃたかくなるよなぁて思いました。

 

この曲もおとめたちのやみとのたたかいと同様にサビで大爆発するタイプの曲で、曲全体を通してスピード感があってカッコよく、原曲の良さをそのまま使った神アレンジになっています。

サビの中毒性がとにかくやばい、ダークメタナイトのかっこ良さがサビから滲み出てきます。

 

覇王載冠〜OVERLOAD〜

続いてマホロアでバルフレイナイトと戦うときに流れるbgm、「覇王載冠〜OVERLOAD〜」です。 厨二感溢れるタイトルですね😅

マホロアの登場する「星のカービィWii」の代表的なbgmのメロデーアレンジになっていて、カービィWiiを遊んだことのあるプレイヤーにはたまらない曲です!

歴代カービィシリーズの中でもトップレベルの人気を誇る「CROWNED」がベースになっていて、そこに「スカイタワー」などの人気曲のフレーズが散りばめられています。

CROWNEDの圧倒的なイントロのかっこよさがさらに引き立てられている最高のアレンジです!

 

月魄のファントム

続いて、タランザでバルフレイナイトとバトルするときに流れるbgm、「月魄のファントム」。 「月魄」と書いて「げっぱく」と読み、月の精霊を意味する言葉のようです。 トリプルデラックスのラスボス戦での風景が思い出されますね。

 この曲も、「覇王載冠〜OVERLOAD〜」と同様に、タランザが登場する「星のカービィトリプルデラックス」の代表的なbgmのアレンジになっています。

「Dirty&Beauty」のアレンジから始まり、「狂花水月」のアレンジ → 「この星をかけた魂の戦い」のアレンジ → 以降ループ という感じの曲癖位になっていて、全体的に原曲よりもハイテンポになっているが、原曲の美しさがしっかりと感じられ、トリプルデラックスを遊んだことのある人にはたまらないbgmではないでしょうか。

「Dirty&Beauty」、「狂花水月」ももちろんかっこいいですが、個人的には「この星をかけた魂の戦い」のイントロのフレーズが入る部分で一度落ち着いてからもう一度盛り上げるという抑揚のつけ方が最高すぎる! まさに鳥肌ものです!

「Dirty&Beauty」、「狂花水月」、「この星をかけた魂の戦い」と元曲が全てクインセクトニア戦のbgmなのもポイント。

バルフレイナイト戦の曲の中で一番涙腺にくる曲ですね。

 

 

サントラのできは最高だぞ!

今回紹介したbgmは全てスターアライズのサウンドトラックで聞くことができます!

スターアライズは、カービィシリーズのまさに集大成といえる作品でしたが、サウンドトラックも歴代カービィシリーズから233曲も収録されていてまさに集大成といえるサントラです!

カービィのサントラで迷ったらこれ!て感じ。

こちらの記事で収録曲や今回紹介した曲以外のおすすめbgmも紹介しているので興味があれば読んでみてください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© WATA-BLOG(わたブログ) , 2020 All Rights Reserved.