ゲームBGMをすこれ

【廃人プレイ】Switchを寝ながら快適にプレイしたくていろんな方法試してみた。

WRITER
 

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

Switchを寝転んで廃人みたいにプレイしたい

Switchを仰向け寝転んでプレイする時、スイッチが重くて手がだるくなってしまうことはないでしょうか。

仰向けに寝転んで下の画像見たいな感じでプレイしたくて、色々試行錯誤してみました!

スイッチを寝転んでプレイする人
こんな人にお勧め!
  • Switchを寝転んでプレイしたい人
  • 廃人予備軍
  • 何もかも忘れてゲームをプレイしたい人
  • 現実に疲れた人

 

スイッチ用固定アームを買ってみた!

Switchを寝転んでプレイするなら固定アームを買うのが一番手っ取り早いですね。私もなんとか家にあるものでできないかと思って試行錯誤してみましたがなかなかうまくいきませんでした。

私が購入したのはこの自在に曲がるタイプのアームです。任天堂Switchだけでなく、スマホやタブレットなど、様々な機器で使うことができます。

Switch用固定アームのレビュー

届いたものがこちら、写真のようにアーム部はかなり自由に動きます。見た目とは裏腹に曲げるにはけっこう力がいります。

写真下部の部分でアームを固定し、写真上部の部分でスマホやSwitchを挟みます。

Switchもスマホもしっかりと固定できました。

固定アームを使わず無料でSwitchを寝転んでプレイする

大学生や大人は、Switchを寝転んでプレイしたければ先ほど紹介した固定アームを購入すれば簡単に廃人プレイを楽しめますが、Switchのメイン層である小学生・中学生・高校生はアルバイトができない場合も多く、親に頼むにしてもこんな「The 廃人」みたいなアイテムを親にせがむことなんてなかなかできないですよね。

ちなみに私が高校生の時にやったのはこんな感じ

空き箱のタワーを2つ作り、その上に橋を架けるようにSwitchを置き、下から覗き込むスタイルです。

それなりに廃人感は楽しめますが、アームに比べると結構デメリットがあります。

手作り廃人セットのデメリット
  • 場所を取る
  • 高さを合わせるのが大変
  • 少し不安定
  • 設営・片付けが大変

こんな感じ。一回やってみて散々廃人感を堪能した後2度としませんでした。

 

TwitterでSwitchを仰向けで寝転んでプレイできる環境を自作した人を探してみた!

変人から天才まで様々な人々が集まるTwitterでエゴサして同じように手作り廃人セットを使ってSwitchで遊んでいる人を探してみました。

アームを買うお金がない!という方は試してみてください!

 

Switch仰向けプレイ其の一:天井から吊り下げ作戦

天井からプラスチックの板を吊り下げその上にスイッチを置いてプレイする作戦。

天井に設置するのがかなり大変そうです・・・

 

Switch仰向けプレイ其の二:天井から吊り下げ作戦其の二

こちらも天井から吊り下げる作戦。

物干し竿とハンガーを使ってうまく使っていますね。この作戦も天井に設置するのがなかなか大変そうです。

 

Switch仰向けプレイ其の三:綱渡り作戦

家具から家具に紐を橋の様に架けてその上にSwitchを乗せる作戦。輪ゴムで落ちない様に工夫もされています。

2018年の投稿なので廃人プレイの先駆者ですね!

 

Switch仰向けプレイ其の四:台の裏に固定作戦

台の下にSwitchを固定し、下から覗き込む作戦。

安定感は他の作戦よりもありそうです。

 

Switch仰向けプレイ其の五:段ボールで手作り作戦

用意するもの・・・段ボール、ジャンプ

段ボールにスイッチが丁度ハマる穴を開け、ジャンプを下に置いて高さを調整し、そのまま段ボールをかぶるという作戦です。発想が天才すぎる・・・

段ボールをかぶってしまえばSwitchの画面しか見えなくなるのでゲームに熱中できることでしょう!

 

Switch仰向けプレイ其の六:壁に台を設置する作戦

壁に台を設置してその下にSwitchを設置する作戦です。

できる場所が壁から近い場所限定ですが540円でできるようです。

 

Switch仰向けプレイ其の七:壁に枠を取り付ける作戦

斜めの天井にSwitchを置ける枠を取り付ける作戦。

できる場所がかなり限られそうなのが難点。日曜大工の技術も必要そうです。

https://twitter.com/arisue_alico/status/826032036750127108?s=21

お勧めのSwitchを寝ながらプレイできる器具まとめ

やっぱりSwitchを寝転んでプレイするならSwitch用の固定アームを買うのが一番手っ取り早いです。

おすすめは私が買った自在に曲げられるタイプのアームですが、他にもいくつかSwitchを寝ながら快適にプレイできる器具をまとめて紹介していきます。

 

 

固定スタンドタイプ2

私の購入したスマホスタンドとは別のタイプの固定アームです。金属でできているので私が購入したものよりも安定感があります。

可動域は狭くなりますが、寝転んでプレイする分には問題なく使えます。

また、位置を調整する場合にも私が買ったアームは結構力が入りますが、このアームは全然力を入れなくても位置を調整できます。

プロジェクター

私実はプロジェクターも買っていて、クッションやソファーにもたれながらプレイすればなかなか快適です。

詳しくは下の記事から

また、プロジェクターを天井に向けて設置して、映像を天井に写すという荒技もあるそうです。この方法でプレイするなら、持ち運びが簡単で、Switchと非常に相性がいいOJOプロジェクターがおすすめです。

自分に合ったものを選んで快適にプレイしよう!

自作してもよし、アームを使ってもよし、自分に合ったものを選んでSwitchの快適なプレイを楽しみましょう!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 (任天堂信者) このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© WATA-BLOG(わたブログ) , 2020 All Rights Reserved.