ゲームBGMをすこれ

【ゼノブレイド3感想・評価】シリーズ最高傑作の神ゲー!高評価点と低評価点まとめ

WRITER
 

スポンサードリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

 

ゼノブレイド3をようやくクリアしたのでレビューを書いていきます!

筆者はゼノブレイドシリーズの1と2をプレイ済みですが、今作がシリーズ最高傑作だと感じました。

この記事では、ゼノブレイド3のいい所と悪い所を中心に、シリーズ初心者が過去作をやらずにゼノブレイド3を始めても大丈夫かなどについて解説していきます。買おうか迷っているという方の参考になればと思います。

 

 

【忙しい人向け】この記事のポイント簡易まとめ

  • ゼノブレイド2を遊んでからにすべし
  • BGM、キャラデザ、ストーリーは今作も安心安全のモノリスクオリティ
  • システム面が大幅に改善。かなりストレスフリーに
  • チュートリアルがかなり丁寧に
  • ムービーが長すぎる
  • 相変わらずバトルが面白くない上に長い
  • 名曲が他のBGMでかき消される

 

【ゼノブレイド3】過去作を遊んでいなくても楽しめる?

今作の舞台は、ゼノブレイド1とゼノブレイド2よりも後の世界となっています。 

前作のゼノブレイド2は、ゼノブレイド1を遊んでいなくても全く問題ありませんでしたが、今作は過去シリーズと繋がる描写が多く登場します。過去作をプレイしていなくても、ストーリーは100%楽しめますが、過去作をプレイしていれば200%楽しめます。

個人的に、ゼノブレイド2は絶対やっておいた方がいいと感じました。

プレイ後の満足感は、ゼノブレイド2を遊んだか遊んでいないかでかなりの差が出るでしょう。

ゼノブレイド1はゼノブレイド2に比べるとファンサービスは少ないので、クリアに50時間以上かかることを考えると別にやらなくてもいいかなと思います。3から初めてゼノブレイドシリーズを始めた人の満足度を100だとすると、ゼノブレイド2を遊んだことのある人は200%楽しめますが、ゼノブレイド1だけの場合はせいぜい120%ぐらいです。

 

created by Rinker
任天堂
¥7,386 (2022/09/30 23:58:08時点 Amazon調べ-詳細)

  

 

ゼノブレイド3の良かった点

ゼノブレイド3の良かった点1:BGM

やはり今作もかといった所ですが、相変わらずBGMの出来は最高でした。サントラの発売が待ち遠しいです!

今作もゼノブレイド1、ゼノブレイド2と同様に、”名を冠するたち”枠と”敵との対峙”枠のBGMが用意されています。どちらも過去作の名曲に全く劣らないかっこいいBGMでした。特に今作の”敵との対峙”や”Counter attack”枠の曲、「命を背負って」は個人的に歴代最高の出来でした。

以下はゼノブレイド3の公式ツイッターによる「命を背負って」の紹介ツイートです。

 

その他にも、敵幹部戦のBGMやチェインアタック中のBGMなども個人的にはかなり気に入っています。公式サイトで他のBGMも聴くことができるのでぜひ聞いてみてください。

一方で、BGM関連でいくつか気になる点もあったので、悪かった点の方で紹介します。

 

ゼノブレイド3の良かった点2:キャラデザ

今作もキャラデザは最高でした。メインキャラ6人全員のデザインが魅力的、ゼノブレイド2のようなえちえち路線ではありませんが、それぞれキャラが立っていてバランスが良かったです。

所々前作キャラの特徴を持っていたりといろいろ妄想が捗ります。

メイン6人で人気投票したらかなり票が分散するんじゃないかと思います。投票フォームを作ってみたので良かったら投票してみてください。ちなみに管理人はタイオン推しです。

ゼノブレイド3メイン6人で1番好きなキャラは?

 

エセルやカムナビ、アシェラなどのサブキャラもかなり作り込まれていた印象です。

 

ゼノブレイド3の良かった点3:ストーリー

ストーリーもいつものモノリスクオリティで、序盤から終盤まで楽しむことができました。

徐々に主人公たちの住む世界の真相が見えてゆく過程が面白かったです。サブイベントはいつも通りのお使いばかりでしたが、ヒーロークエストはメインストーリー並みに作り込まれていて楽しめました。

中盤ムービーが長すぎて少しダレますが、2話ラストとストーリー終盤の盛り上がりでおつりが帰ってきます。

個人的なストーリーの面白さはゼノブレイド1>ゼノブレイド3>ゼノブレイド2ぐらいかなと感じています。ゼノブレイド1は中盤からの盛り上がりがヤバいので未プレイの方はぜひ遊んでみてください。

 

  

 

ゼノブレイド3の良かった点4:システム面の改善

ゼノブレイド1とゼノブレイド2のレビューでは、UIやマップの分かりづらさ、崖下に転がってゆくアイテム、ガチャ要素などがよく悪い点として挙げられます。

私もゼノブレイド1とゼノブレイド2は所々「なんでこんな仕様にしたんだ・・・」とため息が出ることも多かったですが、ゼノブレイド3では上で挙げた不評点は全て改善されており、ほとんどストレスを感じることなくプレイすることができました。(全く無いかと言うと嘘になる)

ゼノブレイド1とゼノブレイド2の良い点は受け継ぎ、逆に悪い点は改善されており、まさにシリーズの集大成といった完成度です。

 

 

ゼノブレイド3の良かった点5:チュートリアルがかなり丁寧に

今作はチュートリアルが過去作と比べかなり丁寧でした。シリーズ初心者でも、読まずにスキップしなければ問題なくシステムを理解できると思います。

ゼノブレイドシリーズは、バトルがめちゃくちゃ複雑なわりに、チュートリアルがあっさりしていたので、システムを理解するまでがかなり大変でした。バトルはシステムを理解しないとあまり面白く無いので、序盤からチュートリアルが丁寧に作り込まれているのは好印象でした。

ただ、TIPSがあるのは良いのに、TIPSの数が多すぎて探すのが大変すぎるので、フィルタや検索をもううこ氏細かく設定できるようになればなぁと感じました。

 

ゼノブレイド3の良かった点6:パーティ全員がバトルに参加する

ゼノブレイド1とゼノブレイド2では、同時にバトルに参加できる人数の上限が3人でした。(2はドライバーとブレイドで1セットとしてカウント) ゼノブレイド1もゼノブレイド2も、仲間パーティは最終的に3人以上になるので、どうしても留守番メンバーが出てきてしまいます。

ストーリー中盤以降、レベルが足りずにずっと留守番しているメンバーがいた人も多いのではないでしょうか。

ゼノブレイド3では、パーティメンバーの6人全員がバトルに参加します。留守番メンバーがいなくなったことにより、空気になってしまうキャラや、レベル差の大きいキャラが出てしまうことが無くなったのは非常に良い点だと感じました。

 

ゼノブレイド3の悪かった点

ゼノブレイド3の悪かった点1:ムービーが長すぎる

ゼノブレイドシリーズ自体ムービーが長いシリーズですが、今作はさらに長かったです。

特にストーリー中盤辺りは
15分ムービー → 10メートルぐらい移動 → 15分ぐらいムービー → 10メートルぐらい移動・・・
の繰り返しで少しキツかったです。

ゼノブレイドのレーティングはC(15歳以上)なので考える必要はないかもしれませんが、1日のプレイ時間が決められている家庭だとムービー見るだけで終わる日もあるのではないでしょうか。

ムービー自体は面白かったですが、長すぎるのもなんだかなぁと感じました。

 

ゼノブレイド3の悪かった点2:相変わらずバトルが面白くない

この点に限っては賛否両論だと思います。バトル自体は歴代で最高に面白いと思いますが、そもそものバトルシステムが個人的には面白くないなぁと感じています。 CMなどをみて、ゼルダBotWやエルデンリングなどの3Dアクションゲームを想像してプレイすると痛い目を見ると思います。

「システムを理解すれば面白い」と言う意見もよく聞きます。もしかしたら私がシステムを完全に理解できていないのかもしれないのでコメントで指摘していただけると助かります。

私が面白くないと感じる理由はこんな感じ

  • どの敵に対してもやることが一緒
  • チェインアタックのムービーが長く、テンポが悪い

まずどの敵に対してもやることが一緒という点。

ブレイク → ダウン → ライジングorスタン → スマッシュorバーストの一連のコンボを繋げて敵をフルボッコにしてHPを減らしていく。チェインアタックのゲージが溜まったらチェインアタック打って・・・

雑魚敵に対してもボスに対しても上の流れを繰り返してHPを削るだけです。バトル中にやることは多いですが、敵の行動に対してどのような対応をとるかという駆け引きがほとんどない(あっても気がついたら倒している)のでサンドバックを殴っているのと一緒。スマブラのホームランコンテストぐらいの楽しさです。

初めてコンボが全部決まった時や、ラッキーセブン開放後など、新しくできることが増えて火力が跳ね上がった時は楽しいんですけどね。

難易度を上げても被ダメと敵の体力が上がるだけで、面白くない戦闘に時間がかかってしまうのでEASY推奨。ハードを選ぶ人は多分ドMです。

チェインアタックのムービーが長いこともかなりのマイナスポイント。ウロボロスオーダーは1回見たらスキップできるようにしてほしかったですね。

 

ゼノブレイド3の悪かった点3:BGMが別のBGMで上書きされてしまう

今作は、メニュー画面に移動した時とチェインアタック中に、その時流れていたBGMがそれぞれ専用BGMに切り替わります。

この仕様のせいで、フィールドBGMや名を冠する者たちの印象がものすごく薄い。ポケモンBWの体力赤ゲージBGMを思い出した人も多いのではないでしょうか。

メニューBGMも、チェインアタックBGMもフツーにカッコいいBGMなんですが、もうちょっと他の曲も聴きたかったですね。

 

まとめ

この記事がゼノブレイド3を買おうか迷っている方の参考になればと思います。

何度も書いてますが、プレイ後の満足度が段違いなのでゼノブレイド2を先にプレイしておくことをお勧めします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゲーム音楽をこよなく愛するものです。 このブログではゲーム音楽に関する記事や大学生活に関する記事、ブログに関する記事を紹介します。 超絶田舎の地方国立大学に通ってます。週1くらいで更新してるので暇なときに見に来てください。たまに面白い記事書いてます。彼女募集中!!←≪重要≫  
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© WATA-BLOG(わたブログ) , 2022 All Rights Reserved.